KITO

キトークレーンジブクレーン

ビームが旋回するジブ機構を装備したクレーン。

特徴

ビームが旋回するジブ機構を装備。建屋の内外どこにでも設置できる自立式のピラー形、建屋の柱や壁に取付ける壁固定式のウォール形からお選びいただけます。

ダウンロード

製品詳細

ピラー形ジブクレーン(JP形)0.5~2t

  • ピラー形ジブクレーンは、Iビームが旋回するジブ機構を装備した、簡単な基礎工事で建屋の内外どこにでも設置できる自立式のクレーンです。
  • Iビームは360度旋回し、建屋のデッドゾーンでの作業や大形クレーン下での専用作業に最適。
  • マストとビームの結合部および回転部は独自の構造を採用し、スムーズな旋回と抜群の耐久性を実現。
  • 遠隔または微動作業に威力を発揮する電動旋回式もご用意。精密作業には、2速形巻上機との組み合わせをおすすめします。

寸法※一例として代表的な形式・項目を掲載しています。詳しくはカタログでご確認ください。

形式スパンS(m)H(m)Kリブ高さ/φbマスト径(mm)
JP005 3 3 1000/267.4
4
4 3
4 1500/267.4
JP010 3 3 1000/318.5
4 1250/318.5
4 3 1000/318.5
4 1000/355.6
JP020 3 3
4 1500/355.6
4 3 1000/406.4
4 1500/406.4

ウォール形ジブクレーン(JW形)0.5~2t

  • ウォール形ジブクレーンは、Iビームは180度旋回するジブ機構を装備した、建屋の柱や壁に取り付ける壁固定式のクレーンです。
  • 回転支持部は上下2つのブラケットを壁に固定する方法を採用し、簡単に取付けられます。
  • 精密作業には2速形巻上機との組み合わせをおすすめします。
  • コンクリート柱・角パイプ柱・壁などに取り付ける場合は、取付金物が必要となります。別途ご相談ください。

寸法※一例として代表的な形式・項目を掲載しています。詳しくはカタログでご確認ください。

形式スパンS
(m)
ブラケット間隔H
(m)
Iビーム
(mm)
k1
(mm)
k2
(mm)
JW005 3 1.0 150×75×5.5 414・560 135
4 200×100×7 461・610
5 1.7
JW010 3 1.0 150×75×5.5 414・560
4 1.4 200×100×7 461・610
5 1.7 250×125×7.5
JW020 3 1.0 474・610 85
4 1.5 521・660
5 1.7 250×125×10
  • K1寸法は、トロリの種類、ツリテ個数により変わります。(どちらの位置にも取付け可能)

ウォール形ジブクレーン(LJW形)0.5~2t

  • ウォール形ジブクレーンは、Iビームが180度旋回するジブ機構を装備した、建屋の柱や壁に取り付ける壁固定式のクレーンです。梁下空間の有効利用を実現します。
  • 回転支持部は上下2つのブラケットを壁に固定する方法を採用し、簡単に取り付けられます。
  • 精密作業には2速形巻上機との組み合わせをおすすめします。
  • コンクリート柱・角パイプ柱・壁などに取り付ける場合は、取付金物が必要となります。別途ご相談ください。

寸法※一例として代表的な形式・項目を掲載しています。詳しくはカタログでご確認ください。

形式スパンS
(m)
ブラケット間隔H
(m)
Iビーム
(mm)
k1
(mm)
k2
(mm)
LJW005 3 1.0 200×100×7 848 208
4 1.3 250×125×7.5 948
5 1.7 300×150×8 1098
LJW010 3 1.0 250×125×7.5 948
4 1.3 250×125×10 998
5 1.7 300×150×10 1098
LJW020 3 1.0 300×150×8 986 206
4 1.3 300×150×11.5 1136
5 1.7 350×150×12 1286

お問い合わせ

インターネットでのお問い合わせメールフォームからお問合せください。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問合せ最寄のカスタマーセンターへお問い合わせください。

カスタマーセンター一覧
  • 東部カスタマセンター
    0120-994-404
  • 中部カスタマセンター
    0120-929-965
  • 西部カスタマセンター
    0120-959-488
Page Top

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザはサポートされていません。 推奨環境をご確認の上、ブラウザをアップグレードしてください。