KITO

キトーリフティングポイント

荷の横つり、反転、引き起こしなど、アイボルトでは危険の伴う作業に対応

特徴

  • 360°回転、180°可動のシャックルが作業の安全性、効率性を向上。
  • 同一ボルト径のJISアイボルトに比べて最大3倍の使用荷重。
  • M8からM64まで全21種類の豊富なバリエーション。
  • ボルト長さの延長にも対応。
最大使用荷重 0.3t(M8)~20.0t(M64)
対象のねじ穴材質 鉄以上(引張強さ400N/mm2以上)の材料
使用環境 -40℃~120℃および100%RH以下(水中不可)
アルカリ性・酸性の雰囲気は使用不可

製品詳細

安全に関する質問

JISアイボルトは一度使用したらワークを変えての再利用ができないと聞きましたが、リフティングポイントはこのような場合でも使えますか?
リフティングポイントは、使用前点検において異常がなければ、ボルト交換をせずとも複数回お使いいただけます。
取り付けるワークを変えてご使用いただく場合でも同様です。
ロングポルト仕様のリフティングポイントで、穴を開けた鋼板などをナット締めする使い方はできますか?
ナット締めでのご使用は、使用荷重が著しく低減するため禁止しております。
リフティングポイントを金型などに取り付けて使用する際に、シャックルと荷の接触を防ぐため、スペーサー等を挟んでも問題ありませんか?
アイボルト、リフティングポイントともに座面を密着させての使用が前提です。
スペーサー等の介在物を挟んでのご使用は、使用荷重が著しく低減するため禁止しております。
リフティングポイントの安全率を教えてください。
横つり時は最も低い機種でも5倍を満足します。
垂直つり時の安全率はさらに高くなります。

点検に関する質問

リフティングポイントの点検基準を教えてください。
製品に同梱されている取扱説明書をご参照の上、ボルト部の錆びやクラック、ねじ山の伸び、各部の変形や損傷、シャックル径の摩耗の有無の確認などを行ってください。
リフティングポイントの分解・修理を自社で行いたいのですが。
製品をより安全にご使用いただくため、ユーザー様における分解、修理、製品および付属品の改造は禁止しております。
分解を伴うメンテナンスは、キトーが認定する事業者のみ行うことができますので、キトーリフティングポイントの製品ページ内『メンテナンス対応について』のタブをご参照ください。

その他に関する質問

リフティングポイントの使用に推奨されるねじ穴種類はありますか?
メートルねじ(並目、右ねじ)をご用意ください。

お問い合わせ

インターネットでのお問い合わせメールフォームからお問合せください。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問合せ最寄のカスタマーセンターへお問い合わせください。

カスタマーセンター一覧
  • 東部カスタマーセンター
    0120-994-404
  • 西部カスタマーセンター
    0120-929-965(名古屋)0120-959-488(大阪) 
Page Top

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザはサポートされていません。 推奨環境をご確認の上、ブラウザをアップグレードしてください。