KITO

世界遺産の保存修理工事現場

無線操作式電気チェーンブロックで貴重な文化財を修復!

用途

 2014年に世界遺産登録された富岡製糸場。2015年より5年計画で保存修理を行っている国宝「西置繭所」の瓦屋根の葺き替えでは、49,000枚以上の瓦を一枚一枚取り外して状態を確認し、再利用できるものはできるだけ使って、元の姿へと戻していきます。
 西置繭所の建屋は南北に104.4mの長さがあり、4本のレーンそれぞれに取り付けられた無線操作式電気チェーンブロックER2が保存修理工事に使用されています。

製品ソリューション

 南北に104.4mある建屋では、一般的なオシボタン操作では使用範囲が制限されてしまうため、無線操作を採用しました。この無線機は、予備送信機付きモデルを標準ラインナップし、2台の送信機間で操作権の受け渡しにより1台の受信機を安全に操作できます。

製品の組み合わせ例

お問い合わせ

インターネットでのお問い合わせメールフォームからお問合せください。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問合せ最寄のカスタマーセンターへお問い合わせください。

カスタマーセンター一覧
  • 東部カスタマセンター
    0120-994-404
  • 中部カスタマセンター
    0120-929-965
  • 西部カスタマセンター
    0120-959-488
Page Top

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザはサポートされていません。 推奨環境をご確認の上、ブラウザをアップグレードしてください。