KITO

製品情報キトー、建設現場で活躍する大型反転機「新建十くん」を開発

2017/03/21

工場用荷揚げ機―ホイスト&クレーンの株式会社キトー(本社:山梨県中巨摩郡、代表取締役社長:鬼頭芳雄)は、建設機材のリース事業を手がける城東産業株式会社と共同で、大型反転機「新建十くん」を開発しました。
ビルやマンションの大型化に伴い、建物の基本となるプレキャストコンクリート(PC)柱や鉄骨材なども長尺化しています。タワークレーンやクレーン車を使っての資材立て起こしや吊り上げは、通常、吊り荷に合わせ様々な形状の吊り具やホイストが使われます。大型反転機「新建十くん」は、長尺な吊り荷を水平吊りから垂直吊りにリモート操作で変更でき、高い効率性と安全性を確保します。
2020年の東京オリンピックや耐震補強工事など、都心部を中心にインフラ整備が堅調ななか、大型反転機の活躍の場が広がります。

<主な特長>
リチウムイオン電池の採用で軽量化を実現
反転作業で充電する回生充電機能を搭載
インバータ制御により操作性向上
二重上下限リミット機能で安全性向上

<反転能力>
20t

城東産業株式会社について
城東産業は、建設現場に不可欠な安全仮設資材や鉄骨建方用資材機材などの製造、販売、リース事業を手がけています。お客様のニーズや安心・安全を第一に考え、高度な技術を提供します。
ウェブサイト:http://www.joto-lease.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先
株式会社キトー
コーポレート・コミュニケーション部
Tel:03-5908-0161 Fax: 03-5908-0169
Email:pr@kito.com

プレスリリースのダウンロードはこちら
キトー、建設現場で活躍する大型反転機「新建十くん」を開発

Page Top

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザはサポートされていません。 推奨環境をご確認の上、ブラウザをアップグレードしてください。