キトーのこれまでとこれから

常務取締役
遅澤 茂樹
創業の精神を忘れず、
信頼の世界トップに挑む。

これまで
HISTORY

キトーの歴史は、
挑戦の歴史です。
黎明期

キトーの前身「鬼頭製作所」は、創業者の鬼頭美代志によって1932年に誕生。当初は陸軍からの受注が中心で、町工場のレベルを超えた高度な技術力を備えていたものの、コンスタントに注文があるわけではなく、工場が止まる日も少なくありませんでした。一筋の光が差したのは、1934年の秋。ある鉄道車両メーカーの技術顧問から、車両製造に必要な荷役機械(チェーンブロック)の軽量化・効率化の相談を持ちかけられたことがきっかけでした。サンプルとして持ち込まれたのは、当時最先端のレベルだったドイツ製のチェーンブロック。技術者としての闘志を掻き立てられた美代志は、その後、試行錯誤を繰り返します。サンプルを分解しては組み立て直し、図面を引いては消し、試作品をつくっては壊す。そうして1937年、キトー製のチェーンブロックが完成を迎えます。80年を超えるキトーの歴史、現在のブランドは、まさにここからはじまりました。

「日本のキトー」から、
「世界のキトー」へ。
発展期

昭和当時、まだ終戦間もないころの日本は、欧米各国と技術レベルでまだまだ差があり、追いつけ追い越せの時代でした。そのような中、キトーも早くから欧米に目を向けており、終戦直後に創業者自ら長期のアメリカ視察を実施するなど、貪欲にその技術を吸収していきます。また同時に、海外にもチェーンブロックやレバーブロックといった製品の需要があることを再確認し、シカゴに駐在所を設置するなど、意欲的にアメリカのマーケットにも参入を始めます。特にバブル崩壊の際は、日本国内の市場が縮小したこともあり、この海外への進出は加速しました。今では北アメリカを始め、南アメリカ、オセアニア、ヨーロッパにグループ会社を有するようになり、日本国内、アメリカ、中国でトップシェアを占め、「信頼と安心のキトー」としてホイスト&クレーン業界でブランドを確立するに至っています。

これから
FUTURE


地球に重力がある限り、「重いものを持ち上げ、移動し、固定する」という需要がなくなることはありません。キトーはこれからも、品質にこだわり続けます。私たちの製品のすぐ近くにはいつも作業者がいる。だからこそ、その安全性は絶対に譲るわけにはいかないのです。世界中のあらゆる市場から「キトー=信頼のブランド」と評価されるよう、チャレンジを進めています。

製品ラインナップの拡充で、
100年企業を目指す。
今後の戦略①

100年企業、そしてさらにその先を目指すために、2つの方法で製品ラインナップ拡大を狙います。1つは既存製品の改善・改良。たとえばハンディタイプのチェーンブロックでは、2016年には小型・軽量でありながら500kgを持ち上げられる新製品を開発。ニーズの高かった「持ち運びやすさ」と「大容量」を同時に実現しました。もう1つは、周辺機器の拡充。「ヒューマンアシスト」なマテリアル・ハンドリングという分野で考えれば、マニピュレーター(※1)やバランサー(※2)など、私たちの技術を活かせる領域はまだまだ残されています。キトーのブランド力を活かし、新たな分野への挑戦にも力を入れていきます。
※1)決められた範囲内で物を移動させる固定型の機器
※2)電動工具などを懸垂するための機器

世界で渡り合える人材を
育成していく。
今後の戦略②

真のグローバル企業を目指すキトーにとって、よりグローバルに対応できる人材の育成が必要不可欠。変化の激しい時代です。社長の号令一下で組織が動く時代ではありません。だからこそ、自ら考え、判断し、行動できる。人の話にしっかり耳を傾け、その上で自分の考えが主張できる人材を求めています。キトーには「数字でNO.1になる」という目標を掲げる文化はありません。常に目指してきたのは「顧客信頼度No.1」。今後は、これまで以上に社員への投資をおこない、個々の持つ力を引き上げていきます。社員にとって幸せや誇りを感じられる会社にすることが、お客様へ提供する付加価値の拡大につながる。そう信じているからです。

 

ページの上部へ